第40回定期 反省文